Netflixがアカデミー4部門を制した深いワケ ネット配信から「劇場公開」される時代に | 今見るべきネット配信番組 | 東洋経済オンライン

ネット配信から「劇場公開」される時代に

次ページ »

2019/03/08 16:00

Netflixオリジナル映画 『ROMA/ローマ』。1970年代のメキシコシティ、コロニア・ローマ地区を舞台に、全編にわたりほぼスペイン語。65ミリフィルムで撮影された、超高解像度なモノクロ映像は劇場のスクリーンにも映える(写真:Netflix)

メキシコ、インドが舞台の2作品でアカデミー4部門制覇

アメリカ・ロサンゼルスで2月24日(現地時間)に開催された第91回アカデミー賞でNetflixが4部門を制覇しました。ネット配信サービス系スタジオがオスカーを手にする時代となったのです。映画『ROMA/ローマ』が監督賞・外国語映画賞・撮影賞の計3部門を受賞。そして、ドキュメンタリー『ピリオド-羽ばたく女性たち-』が短編ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。2作品ともにNetflixオリジナルです。『ROMA』に関しては3月9日から日本でも劇場公開されることが3月6日に発表されたばかり。オスカー獲得後のこの時期に今見るべき最適な作品でしょう。それには深いワケもあるからです。

それを明かす前に、作品が評価されたポイントを説明します。『ROMA』の監督のアルフォンソ・キュアロンがアカデミー賞で監督賞を受賞したのはこ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース