AI活用で成功する職場、失敗する職場の「差」 AI活用で企業・個人の競争優位を築けるか | インターネット | 東洋経済オンライン

AI活用で企業・個人の競争優位を築けるか

次ページ »

2020/03/26 7:55

AI活用のなかでも「機械学習」というテーマは、企業の問題解決や個人のキャリアにどんなメリットをもたらすのでしょうか(写真:metamorworks/iStock)  

ここ数年、AI活用、とくに機械学習の活用によって、新しいビジネス上の課題・難題の解決を図る動きが活発に行われてきた。

しかし、機械学習のプロフェッショナルはまだまだ多くはない。エンジニアもプランナーも不足している。だからこそ、すでに多くのプロフェッショナルがいる「英語力」などのビジネススキルと比べても、今から始めれば企業・個人のキャリアの差別化要因にできる領域なのではないだろうか。

株式会社アイデミーの石川聡彦氏の『投資対効果を最大化する AI導入7つのルール』をもとに、早く着手することによる「企業としてのコスパのよさ」「個人のキャリアとしてのコスパのよさ」の2つを見ていく。

「AIを活用してみたい」「AIに仕事を奪われないようにキャリアアップしたい」といった声をよく聞きます。ここ数年のAIブームを受けて、企業としても、個人としても、世間のAIへの関心が高まっていると感じております。

一方で、AIという言葉はさまざまな……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース