70代で「熟年離婚」した両親を見てつくづく考えさせられたこと

【編集部からのお知らせ】
「恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

日本では「熟年離婚」だけが増えている……

日本ではここ数年、離婚件数は横ばいだが、熟年離婚だけが増加している。経済的な問題さえ解決できれば離婚したいという予備軍の熟年層(特に女性たち)はもっと多いだろう。親の離婚を契機に、自分の結婚生活についてもしみじみと考えたという女性に話を聞いた。

わだかまりを解決しなかったために

70代になった両親がついに離婚に踏み切ったというのは、アキさん(42歳)だ。自身も同い年の男性と結婚して13年、ふたりの子を共働きで育てている。

「うちの両親は昔から仲が悪かったし、私から見ても相性がよくなかった。母は社交的ですが、父は友だちもいなくて家にいるのが好きなタイプ。ひとりで植木の手入れを黙々とやっていました。そんな父を母がうっとうしいと思っているのは子どものころからわかっていた」

大学を卒業したとき、アキさんは母親に離婚を勧めたという。だがパートで仕事をしている母は、経済的な理由からためらった。その後、父が定年退職したときもアキさん……(中略)…… ないだろうか。 <!---->

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース