「iPhoneアプリ」なぜ4割が審査を通らないのか WWDC直前にアップルが訴えたかった「正当性」 | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン

WWDC直前にアップルが訴えたかった「正当性」

次ページ »

2019/05/31 10:35

アップルは5月28日、App Storeを通じてどのような価値を提供しているのかを表明するウェブサイトを公開した(写真:アップル公式ページより)

WWDC直前、アップルが伝えたいこととは?

アップルはアメリカ現地時間6月3日から、カリフォルニア州サンノゼで世界開発者会議「WWDC 2019」を開催する。世界中のアプリ開発者が注目し、向こう1年のテクノロジーの可能性とそれを活用するアプリビジネスへの取り組みが活発さを増す、現在のモバイル中心のテック業界における最重要イベントの1つだ。

これに先立って、アップルは日本時間5月28日、「App Store, Principles and Practices」というタイトルのウェブページを英語版で公開した。

われわれはApp Storeを、2つの目標を掲げて作り出した。顧客にとって安全で信頼できる、アプリを発見しダウンロードできる場になること。そしてすべての開発者にとってすばらしいビジネスの可能性になることだ。

こう書き出したウェブサイトにはアップルがApp Storeを通じて、どんな価値を提供している……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース