「駐車場」の奥深さをどれだけ知っていますか その歴史から全容を蘊蓄100章でひもとく | 蘊蓄の箪笥 100章 | 東洋経済オンライン

その歴史から全容を蘊蓄100章でひもとく

次ページ »

2019/05/16 15:00

「駐車場」が日本で定着したのはいつからか、ご存知ですか?(写真:freeangle/PIXTA)

モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。ちょいと一杯に役立つアレコレソレ。「蘊蓄の箪笥」をお届けしよう。 蘊蓄の箪笥とはひとつのモノとコトのストーリーを100個の引き出しに斬った知識の宝庫。モノ・マガジンで長年続く人気連載だ。今回のテーマは「駐車場」。意外と知らない基本中の基本から、あまり知られていない逸話まで。あっという間に身に付く、これぞ究極の知的な暇つぶし。引き出しを覗いたキミはすっかり教養人だ。 この連載の一覧はこちら

01. 「駐車場」とは、自動車や自動二輪車を駐車するための場所。英語を元に「パーキング(parking)」とも呼ぶ。

02. 大阪府をはじめとする西日本や中部地方では民間駐車場のことを「モータープール」と表現することがある。

03. 本来、英語の「motor pool」は米軍の車両部隊や官庁の公用車待機所または部隊のことで〈駐車場〉の意味はない。

04. 日本では明治に入ると、江戸時代の駕籠(かご)に代……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース