「鉄道廃線跡本」の編集者が語る大ヒットの秘訣 自分の「好き」が大切、発売前から注文殺到 | 旅・趣味 | 東洋経済オンライン

自分の「好き」が大切、発売前から注文殺到

次ページ »

2020/02/15 5:00

函館本線旧線の伊納トンネルの廃線跡(撮影:大野雅弘)

今から25年ほど前、廃線になった鉄道を訪ねることがブームになった。そのきっかけとなった本は『鉄道廃線跡を歩く』(JTBキャンブックス)。1995年に発行されると、鉄道分野の書籍としては異例の人気となり、シリーズ化が決定。続刊が2003年までに10巻発行された。「鉄道廃線跡」という着眼はどこから来たのか、ブームの実態はどのようなものだったのか、同書を生み出した編集者・大野雅弘さんに話を聞いた。

出版のきっかけは「好きだから」

――『鉄道廃線跡を歩く』はどこから思いついた企画だったのですか。編集会議で企画は問題なく通ったのですか。

「そんな本が売れるのか」、「だれが買うのか」と訝しがられ、反対された。鉄道ファンというのは、車両など生きている鉄道に興味があるのではないか、と。そこをなんとか説得して、発行の承認を得た。

この企画を立てたのは、自分が鉄道趣味の1つとして、廃線跡にもよく行っていたからだった。もともと、SLが現役だった頃は車両の撮り鉄だったが、大学卒業前に最後の夕張線が蒸気機関車の通常運行を終了したのを機に、私もちょうど当時の……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース