「認知症」の人と会話がギクシャクする背景 社会的認知が低下するとはどういうことか | 健康 | 東洋経済オンライン

社会的認知が低下するとはどういうことか

次ページ »

2018/12/31 8:00

認知症になった人の心の中はどうなっているのでしょうか。写真はイメージ(写真:Willowpix/iStock)

「認知症になって記憶が失われても、心が失われるわけではない」とは、よく聞くフレーズです。では、その「心」とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 佐藤眞一教授らの研究グループは「CANDy(キャンディ)」という日常会話によって認知機能を評価する方法(尺度)を開発しました。「CANDy」は日常会話によって認知症の人を知り、会話を増やすためのツールでもあります。本記事では佐藤氏の著書『認知症の人の心の中はどうなっているのか?』を基に認知症になると社会的認知が低下する背景について解説します。 コミュニケーションに欠かせない「社会的認知」とは

 認知症になると、言語・非言語を含めてコミュニケーションにズレが生じますが、その根底には、注意や記憶、見当識、社会的認知などの低下があります。

たとえば、同じことを何度も言って周囲の人をイライラさせることがよくありますが、その根底にはまず、物事を記憶する力の低下があります。

「この件はさっき言った」という自分の行為を記憶していないために、何度も繰り返し同……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース