「東映まんがまつり」29年ぶり復活の意外な背景 映像配信の進化がオムニバス作品の需要生む | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン

映像配信の進化がオムニバス作品の需要生む

次ページ »

2019/04/28 6:30

短編のアニメ作品をオムニバスで上映する「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活、4月26日から公開中だ ©2019東映まんがまつり製作委員会

1960年代から1980年代にかけて「東映まんがまつり」という子ども向け映画上映プログラムがあった。その頃に子ども時代を過ごした40~60歳代の人にはなじみがあるかもしれない。

子どもに大人気の「おしりたんてい」など4本立て上映

「仮面ライダー」「マジンガーZ」「魔法使いサリー」「キン肉マン」「ドラゴンボール」「聖闘士星矢」「がんばれ!!ロボコン」など、世代によって思い起こす作品はそれぞれ異なるだろうが、男児向けアニメ、女児向けアニメ、特撮、ドラマ作品など幅広いジャンルの作品を何本かまとめて上映する玉手箱のような映画上映プログラムだった。

劇場には、お小遣いを握りしめた子どもたちが大勢詰めかけていた。初めて劇場で観た映画は「東映まんがまつり」だった、という人も多いのではないだろうか。

そんな「東映まんがまつり」が29年ぶりに復活することが決定、4月26日より全国100館以上の映画館で上映されている。

子供たちに爆発的人気を得ている……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース