「日産デイズ」と「三菱ek」乗ってわかった実力 それぞれの車種の違いを体感した部分とは | 西村直人の乗り物見聞録 | 東洋経済オンライン

それぞれの車種の違いを体感した部分とは

次ページ »

2019/05/31 11:00

3月下旬に発売した三菱自動車の新型軽自動車「ekワゴン」(右)と「ekクロス」(筆者撮影)

今回紹介する軽自動車は、日産「デイズ」、三菱「ekワゴン&ekクロス(X)」の2台。この2台はいわゆる車高を高めた「ハイトワゴン」に分類される。ちなみに、デイズ&ek系よりもさらに車高の高いモデルは「スーパーハイトワゴン」(例/ダイハツ「ウェイク」やスズキ「スペーシア」など)と呼ばれ、車内が広いことから容積型とも言われている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ご存じのようにデイズとek系の2台は、日産と三菱の合弁会社である「NMKV」の手によるもので今回が2代目。2013年に登場した初代デイズ&ek系は三菱が主導して開発が進められたが、2代目は日産が全面に出て企画、開発が行われた。なお、製造は初代と同じく三菱の水島製作所で行われる。今回は、デイズとek系の2台を同日に公道で試乗することができたのでその様子をリポートしたい。

3種類の搭載エンジン

試乗したグレードは、デイズが2モデルで「ハイウェイスターX」と「ハイウェイスタ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース