「医療的ケア児」生きのびた子どものその後 彼らが社会参画するには、何が必要なのか | 子育て | 東洋経済オンライン

彼らが社会参画するには、何が必要なのか

次ページ »

2018/11/25 11:00

カラフルな外装と内装の「FLAP-YARD」(写真:「リディラバジャーナル」編集部)

皆さんは、医療的ケアを必要とする子どもと出会ったことはあるだろうか。

当記事は「リディラバジャーナル」からの転載です(元記事はこちら)。同サイトは有料会員制メディアです。リディラバの考え方はこちらを御覧ください。

日常的に人工呼吸器や胃ろう等を使用し、たんの吸引や経管栄養などの医療的ケアを必要とする子どもたちは「医療的ケア児」と呼ばれる。

厚生労働省の推計によると、0歳から19歳の医療的ケア児の数は、2016年時点で推計約1万8000人。10年前と比較すると約2倍に増えている。

まだ数は多くはないが、医療技術等の進歩を背景として新生児の救命率が上がり、今後も増えていくことが見込まれる。

しかし、医療的ケアを必要とするために一般の保育所や学校に通えない子どもたちも多く、彼・彼女らが地域の人々と接する機会は多くはない。

地域の子どもたちとの接点をつくる

知的障害があり身体を自由に動かせない「重症心身障害児」や、医療的ケア児を対象とした通園施設運営などを行う「FLAP-Y……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース