「写っている写真」はただ撮れている写真と違う 「カメラを持ったソーシャルワーカー」の葛藤 | ブックス・レビュー | 東洋経済オンライン

「カメラを持ったソーシャルワーカー」の葛藤

次ページ »

2019/03/10 15:00

今を強く生きている人々を、写真で伝えたい。渋谷敦志さんは世界中のさまざまな紛争や飢餓、災害現場を渡り歩く(写真:hsyncoban/iStock)

何の権利があって、自分はこの悲しみに沈む人たちにカメラを向けているのか──。人道支援に生かせないかと考えて写真を始めた「カメラを持ったソーシャルワーカー」は紛争、飢餓、災害などの現場を踏むたびに、同じ問いを自らに発し続ける。『まなざしが出会う場所へ―越境する写真家として生きる』を書いたフォトグラファーの渋谷敦志氏に聞いた。 葛藤や逡巡が写真に写り込む

──現場にはどう入るのですか。

国連の機関やNGOなどからの撮影依頼というのもありますが、自分の意思で行くことが多いです。というのも、危険な場所ほど依頼がないから。例えばソマリアは政府が渡航するなと言っていますから、単独で行かざるをえない。帰国して写真や記事を売り込むのですが、大赤字でした。

──そこまでして撮らないこともある……。答えは出ましたか。

はっきりした答えはなく、葛藤、逡巡、後ろめたさばかりで前向きなことは何ひとつないですね。現場では自分の存在なんて無意味に近いと思いながら、……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース