「デジタルプラットフォーマー」とは一体何者か 「GAFAなど」と一括りにするのは大問題だ | インターネット | 東洋経済オンライン

「GAFAなど」と一括りにするのは大問題だ

次ページ »

2019/03/16 6:20

グーグル、アマゾン、フェイスブックを分割するとの公約を打ち出したアメリカ民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員。写真は2018年11月、ボストンのフェアモントコプリープラザホテルにて(写真:時事通信)

7月に控えるフランスでのG7(先進7カ国首脳会議)を控え、昨年より繰り返し指摘されている“デジタルプラットフォーマー”と呼ばれるIT巨大企業に対する規制議論が活発になっている。

G7でフランスは、議題の中に“GAFA規制”を盛り込む方針だという。

しかし、繰り返し報道されている“GAFA”という取り上げ方に、違和感を覚えている読者もいるのではないだろうか。GAFAとして名指しされている企業は、いずれも異なるビジネスモデルの企業だからだ。

今一度、GAFAに関する議論を確認してみよう。

高まるデジタルプラットフォーマーに対する規制圧力

GAFAに関しては日本でも昨年来、総務省、経産省、公正取引委員会などで議論されている。

2月13日に開催された未来投資会議では、アップル、グーグル、アマゾン、フェイスブックなどを“デジタルプラットフォーム企業”と定義付けたうえ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース