「テセウスの船」子役の怪演に人々が熱中する訳 大人顔負けの子どもがテレビドラマを光らせる | テレビ | 東洋経済オンライン

大人顔負けの子どもがテレビドラマを光らせる

2020/03/21 16:10

回を追うごとに視聴率が上昇していく人気を見せたTBS日曜劇場「テセウスの船」(東洋経済オンライン編集部撮影)

最終回(3月22日放送)を前に注目度が沸騰している日曜劇場「テセウスの船」(TBS系 日曜よる9時〜)。その魅力のひとつが、幼き殺人者・みきお(柴崎楓雅)である。非力に思えた小学生が毒物を使って大量殺人を実行した理由とは……。みきおを演じる11歳の柴崎楓雅の魔少年ぷりに目が離せない。

ドラマの盛り上がりには子役の活躍が欠かせない。ただ、かわいい子役を出せばいいわけではなく、そこには仕掛けも必要である。「テセウスの船」の子役使い方の巧さはどこにあったのか。

「テセウスの船」は、2020年から31年前の1989年(平成元年)に起きた「音臼小無差別大量殺人事件」の謎を中心に進むヒューマンミステリー。善良な警察官・佐野文吾(鈴木亮平)が犯人とされ、文吾を父にもった息子・田村心(竹内涼真)は、31年もの間、日陰の身を余儀なくされてきた。あるとき、現代から過去にタイムスリップ、忌まわしい事件は父が起こしたものではないと知り、心は父を救うべく、事件を阻止しようと奔走する。また文吾も心に協力するように……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース