「ぶら下がりシニア」が社内で生き残る方法 若手社員に嫌われない4つの「働き方改革」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

ちょうどいい「ぶら下がり方」とは(写真:stockmate/PIXTA)

「人生100年時代」とは、多くの人が80歳くらいまで現役で働き続ける必要があるということでもある。ライフシフトには、転職や独立・起業という道もあるが、それがうまくいくかどうかは、今いる会社での働き方がカギとなる。「ぶら下がりシニア」と見られて、若手から疎まれるようではライフシフトの成功も覚束ない。

「人生100年時代」とは、生活資金の確保のためにも多くの人が80歳くらいまで働く必要があるということでもあります。

定年は60歳のまま、65歳までは再雇用され、年収300万円程度で年金受給まで食いつなぐが、たいした仕事を与えられず、くすぶってしまう。

今、多くの企業でそんな「ぶら下がりシニア」が増えているのではないでしょうか。

「ぶら下がりシニア」は、周囲から以下のように見られています。

読者の周りにも、こんな人たちがいるのではないでしょうか。

・年収が下がったのだから、給料分だけ適当に働けばいい、という言い訳が多い

・時間内だけ事務所にいればいい、頑張らなくても給料がもらえる、というオーラを発散させている

・実務があまりなく、時間をもてあまして新聞を読んでいる

・もう先が……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース