遺言書で「もめる人」「もめない人」の致命的な差 ある書家が残した妻への「最後のラブレター」 | 相続 | 東洋経済オンライン

ある書家が残した妻への「最後のラブレター」

次ページ »

2019/05/13 7:10

遺言書で揉める家庭は何がダメなのか?(写真:xiangtao/PIXTA)  

遺言書で家族がもめるか、もめないかは紙一重。もめる遺言書はいったい、どこがマズイのか? 相続問題に詳しい行政書士の倉敷昭久氏が「遺言書でもめないためのコツ」について解説します。

これは以前、私が相談を受けたある依頼主の話です。

遺言者はお父さんでした。相続人は妻、長男、二男、長女。長男が遺言書を持って相談に来られました。長男は、その遺言の執行者(遺言の内容を実現するための手続きをする人)に指定されていましたが、執行の仕方がわからないので教えてほしいという相談でした。その遺言書を読んで、これはもめるかもしれないと思いました。

遺言の趣旨は、妻に自宅(土地と建物で約4000万円)と定期預金1000万円、二男には自動車(約100万円)を相続させ、長男の妻に株式約1000万円、長女の1人娘(孫)に普通預金約1000万円を遺贈するという内容でした。遺産総額は7100万円です。

この遺言書の「もめる要素」とは?

もうみなさんもおわかりだと思いますが、この遺言書にはもめる要素があります。長男と長女の相続……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース