西武・松井稼頭央が回顧する現役時代の記憶 礒部公一&松井稼頭央プロ野球対談:前編 | 礒部公一のプロ野球徹底解説! | 東洋経済オンライン

礒部公一&松井稼頭央プロ野球対談:前編

次ページ »

2018/12/01 6:30

11月中旬に埼玉西武ライオンズの二軍球場を訪れた筆者(左)と松井稼頭央二軍監督(撮影:風間仁一郎)

2018年シーズンで現役引退を表明した埼玉西武ライオンズの松井稼頭央選手。これからはライオンズの二軍監督としての新しいキャリアをスタートしています。現役時代だけでなく、楽天イーグルスでコーチと選手としての関係が深かったプロ野球解説者の礒部公一さんが、埼玉県所沢市の西武第二球場を訪れ、対談を行いました。前編である本稿は松井選手の現役時代を振り返ります。

礒部公一(以下、礒部):まずは、今シーズンでの現役引退ほんとうにお疲れ様でした。そしてライオンズの二軍監督就任おめでとう。現役生活は何年やったかな?

松井稼頭央(以下、松井):25年やりました。高校卒業後に入って、あっという間ですね。

これから先、現役引退後のほうが頭も使うし、若い選手にどんどん教えていかなければいけない立場になります。現役時代の苦労が今後に活きたらいいなと思います。

礒部:俺と稼頭央が最初に出会ったのは、1990年代後半のパ・リーグの近鉄と西武っていう相手チームでやっていた時だよね。稼頭央はトリプルスリ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース