血液型別 喜怒哀楽のあらわし方

 人の感情をあらわす、喜怒哀楽。喜びと怒り、哀しみと楽しみなど、相対する感情のあらわし方は、人それぞれ異なっているでしょう。今回は血液型別に、どんな喜怒哀楽をみせるのかを紹介します。

■A型……周囲に合わせた喜怒哀楽
 A型は感情表現をするとき、周囲に合わせる傾向があります。共感能力が高いため、どのように表現したらいいのか瞬時に察知するでしょう。ただし1人でいるときは、かなり喜怒哀楽が激しくなる模様。

・喜……笑うときは、周囲の状況やテンションをチェック。1人だけ笑わない、なんてことはなさそう。
・怒……怒りMAXでも、すぐに文句はいわないでしょう。ただし、顔が真っ赤になりプルプルと身体を震わせていることも。
・哀……哀しい感情には敏感。友達が哀しそうにしていると、真っ先に心に寄り添います。自分が哀しいときには大泣きすることはなく、控えめに涙を潤ませるでしょう。
・楽……楽しいときは誰かと一緒に分かち合いたいと思います。1人で楽しむよりも、その気持ちを共有し合える仲間の存在が必要なのです。

■B型……喜怒哀楽が赤ん坊のように変化
 B型は、どう表現しようかなど考えず、瞬発的に感情が出てしまうタイプ。赤ちゃんのように喜怒哀楽の変化が激しいのも特徴です。怒っていても、おもしろいことを見つければ、……(中略)…… も取りやすくなるでしょう。(金森藍加)※画像出典/shutterstock

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース