草食系男子の誘い方!やってはいけない4つのタブー

草食系男子の誘い方!やってはいけないアプローチのタブー4つ

草食男子の誘い方!草食男子はストライクゾーンに飛び込んできた女子に対しては動ける

「草食男子」「草食系男子」の解釈には、多少の揺れがあるようですが、著者は、1980年代以降生まれの男子について、女子に興味が無いとは思えません。しっかりした恋愛観を持つ男子も多いです。

彼らは、ただ、洞察力があり感受性が豊かなだけ。そのため、女性の裏表に敏感で、ストライクゾーンが狭く、ムダに動かないだけ……という印象を受けます。恐らく、ストライクゾーンに飛び込んできた女子に対しては、動けます。それを、ロールキャベツ男子などと呼ぶこともあるそうですが。

今回は、そんな彼らへのタブーな迫り方を4つお話しします。

<草食男子の誘い方のタブー4つ>

  1.積極的にどんどん誘ってしまう LINEでは話してくれるのに、なかなか誘ってくれない同期のTさんを好きになったA子。こちらから誘ってみたら、数回、二人だけで食事などに出掛けることができました。そこで「脈ありかも」と、テーマパークへのデートや、遠出の約束をしようとしたら、どうも返事が鈍ってしまいました。

草食系の彼は、基本的には受け身。とはいえ、数回、二人で出掛けてみても、彼から……(中略)…… p>【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース