花嫁に同情 悲惨な披露宴の話

 両家の両親が何やかやと口を出してくるがために、揉めてしまうことが少なくない結婚式の準備。しかし、澤口怜奈さん(仮名・35歳・不動産)の友人Mさんの場合、揉める余地もないほど新郎両親の仕切りが強引だったとか。

「準備中、『式のすべてのことを勝手に決められてしまう』と嘆いていましたが、実際に出席して納得。いや、まさかあそこまでとは思っていなかったので、友人に心底同情しましたね」という結婚式の内容とは?

◆新郎両親の友達まで勝手に招待!?

「Mの結婚相手の父親は、有名企業の取締役。これまで上司や部下、友人の子どもの結婚式にさんざん出席してきたので、息子が結婚することになり『やっと自分の番が来た!』と大張り切りだったそうです」

 まずMさんの頭を痛めたのが、招待客リストの作成。新郎父がいきなり膨大な招待客リストを渡してきたのです。

「そのリストには新郎父の仕事関係の人間10人をはじめ、趣味のゴルフ仲間、車仲間、新郎母のサークル仲間や習い事仲間まで含まれていたそうで……。『ただでさえ新郎家は親戚が多いのに、そんなに無差別に招待したらとんでもない人数になってしまう』と悩んでいましたね。

 結局、新郎から『仕事関係で1テーブル、趣味仲間で1テーブルで収まるように調整してほしい』と頼んでもらったそうですが、かなり揉めたようです」<……(中略)…… 婚エピソード―

<文/鈴木うみこ イラスト/ワタナベチヒロ>

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース