自分の感情と上手に付き合う方法

あちこちに飛び回る頭の中

目の前のことが手につかない時、私達の頭の中ではいろいろな考えが飛び回っています。さっき会った人との会話、昨日仕事で失敗した時のこと、イライラした相手の態度、そんなさまざまな考えが飛び回り、その都度感情が引き起こされてしまいます。そんな風に思考が忙しくあちこちに動き回っていると、目の前のことにしっかり向き合えず、体はそこにいるのに意識はそこにはいない…なんてことに。強く動かされた感情に持っていかれ、振り回され続けてしまうのです。

自分がどこにいるか気づく

では、感情に振り回されてペースを乱されないようにするためには、どうしたらいいでしょうか?まず今自分がどこにいるのかを気づくところから始めてみましょう。目の前のものにしっかり向き合えているのか。そうではなく先ほどの相手との会話の中にいるのか。もしかしたら、これから起こる未来のことについて考えていることもあるでしょう。ハッと気づいた時に、自分の心がどこにいるのかを気づくと、こんなことを考えていたのか!とびっくりするかもしれません。

今に戻る練習をしてみよう

自分がどこにいるか気づいたら、今この瞬間に戻ってくる練習をしてみましょう。以下の方法で、振り回されていた意識が今に戻って来やすくなります。

1.深呼吸する
ゆっくりと深呼吸を何回か繰り返してみましょう。そして、そ……(中略)…… 。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース