結婚後は、もう恋愛をしてはいけないの?

法律上、結婚後の恋愛はタブー

結婚が決まったばかりの頃は、幸せの絶頂期だったはず

日本の法律において、既婚者が他の異性と不貞行為(肉体関係)に及ぶことは、原則タブーなこと。不倫とは、その名の通り「倫理に反する」ものとして、民法上は取り扱われます。

ただ、恋心というものは簡単にコントロールできず、誰にでも起こりうる可能性があります。どんな人も心までは縛れません。たとえ結婚していても、他の誰かに恋愛感情を抱いてしまうのは、事実あることなのです。

既婚者が他の異性に恋心を抱いてしまうこと、あるいは特定の相手はいなくとも「(他の異性と)恋愛がしたい感情」が芽生えることは、どういう心理なのでしょうか。
 

その恋愛、現実逃避ではありませんか?

「恋心」のコントロールは難しいものですが……

前述の通り、どれほど賢い人でも「恋心」だけはコントロールが難しく、世の中から浮気や不倫がなくならないのも、感情を理性で抑えきれないのが一因です。恋心による衝動の激しさは、罪悪すら乗り越えてしまうほど。

夫婦仲が悪く、外に目を向けてしまった挙句の心変わりということもありますが、たとえ仲がよくても、まるで出会いがしらの交通事故のごとく恋に落ちてしまうケースもあります……(中略)…… p>【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース