結婚してもラブラブな夫婦の特徴

シングルの時はあこがれの結婚! とはいえ、夫婦がずっとラブラブでいることって案外難しいものです。結婚しても仲良しな夫婦って何が違うのでしょうか。

結婚してもラブラブな夫婦の特徴は?1. 二人の思い出の話をしている

もちろん幸せだけど同じような毎日が繰り返される結婚生活。そんな中でも、共通の思い出を語っている夫婦はラブラブ度が高いようです。
「付き合ったばかりの頃、あんなことがあって楽しかったね」「また、あの場所に行ってみたいね」など、ほんの小さなことでも一緒に経験したことが会話に出てきます。いつもワンパターンな毎日だと思うカップルこそ、過去の話題を振り返ってみるのも良さそう!

2. あえてペアグッズを使っている

付き合ったばかりの頃は「彼とお揃いがあって幸せ!」と誰もが感じることでしょう。そんなテンションは徐々にトーンダウンしていくものですが、そういう時こそ仲良し夫婦は一体感を忘れません。ペアグッズを使う、二人セットの物を購入するなど、ちょっとした生活用品にペアを取り入れているようです。
心が離れてしまったな、と感じた時こそ、一体感のあるお揃いを取り入れてみては?

3. 一緒にゴハンを食べたいと思う

「たとえ忙しくても食事だけは一緒に取りたい!」仲良し夫婦は、一緒にゴハンを食べたいという気持ちが強いようです。もち……(中略)…… とするだけでも良いのです。苦しい時の方が、絆を深めるチャンスともいえます。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース