米中首脳会談で「ディール」は本当にあるのか 2018年を象徴する漢字は「大」かもしれない | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン

2018年を象徴する漢字は「大」かもしれない

次ページ »

2018/11/24 13:00

米中首脳会談でトランプ大統領と習近平国家主席は妥協するのか?今年最大のヤマ場が近づいている(写真:AP/アフロ)

今年もいよいよ残り5週間あまり。年の瀬の行事が気になっている。
12月3日には「ユーキャン新語・流行語大賞」が発表される 。このイベント、近年は「政治家枠」や「一発屋芸人枠」や「テレビCM枠」の退潮が著しく、代わりに「スポーツ枠」がやたらと豊作である。今年も「金足農旋風」から「悪質タックル」まで取り揃えているが、個人的には「そだねー」を年間大賞に推したい。年の瀬、LS北見のカーリング女子チームを呼んで、もう1回あれを聞いて癒されたいではないですか。

2018年を象徴する漢字は「大」!?

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」を選んで、表彰会場にチコちゃんが乱入するというシュールな光景を見てみたい気もするのだが、審査員にマスコミ関係者が多いという事情を勘案すると、NHKネタは採用されにくいと見る。

12月12日には「今年の漢字」も発表される 。今年は自然災害が多かったから「災」か、それとも記録的猛暑で「暑」あたりか。ただし「災」は2004年に、「暑」は2010年に……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース