突然やってくる「親の介護」にいくらかかるか 老後資金を備えておかないと破綻しかねない | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン

老後資金を備えておかないと破綻しかねない

次ページ »

2019/07/02 6:20

脳卒中や骨折・転倒などが原因で、介護は突然始まることが多い。そんなときでもパニックにならないように、備えておくべきことは?(写真:Ushico/PIXTA)

女性が定年時に起こる環境変化や、それを踏まえた仕事や生きがいについて、これまでお話ししてきました。今回は、将来的に誰もが経験するであろう「介護」への備えについてお話ししたいと思います。

女性は人生において、親、夫、そして自分と3度も介護をする可能性があります。すでに経験された方々にとっては周知の事実ですが、介護は経済的、心理的、また身体的な負担もかなり大きいイベントです。

よく「介護は突然やってくる」といわれますが、病気と違って、日常生活が自律的にできなくなる状態は加齢による身体的変化とともに発生しますから、ある程度は準備できる時間があります。私自身も年初から親を遠距離介護していますが、昨年から少し準備をしていたおかげで、ずいぶん負担が軽くなっています。

介護の平均期間は4年7カ月、費用は500万円

まずは介護未経験の方がいちばん不安な金銭面の準備からみていきましょう。

介護費用は、いくらの介護サービスを受けるかと……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース