私立中学校、受験から学費まで436万円かかる?

首都圏では4人に1人が中学受験?

小学生の子どもを持つ親にとっては、中学受験と進学後にかかる費用が気になるところ


私立中学を受験する人が増えているようです。わが子も……と思っても、気になるのは受験や進学にかかるお金のこと。今回は、私立中学校に関わるお金についてご紹介しましょう。

例年1月後半から2月初旬にかけては中学受験の本番シーズン。その時期になると、受験会場や合格発表の様子をニュースや新聞などで目にされる方も多いのではないでしょうか?

東京都の調べでは、平成30年度の中学生生徒総数は30万85人。そのうち私立中学に通う生徒は7万4504人(※1)。全体の24.8%が私立中学校に通っているということですね。国立の学校等も考えると、東京都の小学校6年生は、4人に1人程度は中学受験をしているといえそうです。

都市圏ではかなり一般化してきた中学受験。「みんなが受験するから、私も私立に進学したい」と子どもが受験を希望することもあるとか。また、子どもの教育環境を少しでもいいものにと私立への進学を考える親も多いと聞きます。

  <目次>

受験料は1校2万円3000円かかる 中学受験を考えるとき、一番気になるのは「お金」のこと。まずは、受験にかかる費用を見てみましょう……(中略)…… の計画をたてておく必要がありそうです。

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース