私大・自宅外通学の入学年の費用は296万円

<!----> 東京地区私大学教職員組合連合の「家計負担調査 」(2018年5~7月、対象:首都圏14大学・短大の新入生、回答:4,195人)によると、教育費負担は親にとって厳しい内容であることがわかります。
受験から入学までにかかる費用は、自宅通学者156万円に対し、自宅外通学者は218万円でした。
  <目次>

親にとっては大きい教育費の負担   自外外通学者、受験から入学まで218万円 受験から入学までにかかる費用は、自宅通学者が156万4,418円に対し、自宅外通学者は218万1,818円でした。自宅外通学者の費用を前年度と比べると、「家賃」が1,200円増加、「敷金・礼金」が1,700円増加、「生活用品費」が5,300円減少しました。

自宅外通学者の大学の初年度納付金は、受験から入学までの費用のうち61.1%で、それ以外の費用がかかっていることがわかります。ちなみに、自宅通学では85.2%です。

 

自宅外通学者の入学年の費用は297万円 自宅外通学者の入学年にかかる費用は296万2,918円で、前年度と比べ2万200円減少しました。仕送り額(4月~12月)は78万1,100円で、前年度より2万4,600円も減少しました。

 

自宅外通学世帯の……(中略)…… 」 <!---->

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース