知ると楽しい!英語で話してみる「アリの世界」 キリギリスを助けるアリはあり? | 実践!伝わる英語トレーニング | 東洋経済オンライン

「アリ」にまつわる英語表現を紹介します(写真:Yana Tatevosian/iStock)

最近、だいぶ暑くなってきたので、庭作業をしているとたくさんのアリに遭遇するようになりました。気づくと筆者の腕を這っているヤツが数匹!なんてこともよくあります。

殺してしまうのは忍びないので、つぶさないように振り落とそうとしても、これがなかなか離れないんですよね。そんなふうにアリに好かれてもねぇ……。Am I that sweet?(オレはそんなにスイートかい?)

今回は、季節柄よく見かけるアリにまつわる英語表現を紹介します。アリを見かけたら思い出してみてください。そうすれば、夏の終わりまでには、しっかりと暗記できそうですね!

 ズボンの中のアリって・・・?

「アリ」を英語にするとantですが、アリはアリでも「シロアリ」はtermiteと言います。アリは生物学上「昆虫綱ハチ目」に属していますが、なんとシロアリは「昆虫網ゴキブリ目」だと知っていましたか? シロアリはそもそもアリではないのです。たしかに寸胴でゴキブリみたいかも! どうして「アリ」という名前がついてしまったのでしょうね。

それから、日本に上陸して話題になっている「ヒアリ」。こちらはれっきとした「アリ」の仲間で、英語ではfire antと呼ばれ……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース