相模女子大学・相模女子大学短期大学部×神奈川県住宅供給公社 連携協定を締結、公社団地で地域連携

この度、相模女子大学・相模女子大学短期大学部(以下、「大学」という。)と神奈川県住宅供給公社(以下、「公社」という。)は、公社の団地活性化の連携・協力に関する協定を令和1年12月25日に締結いたしました。

大学のキャンパスから約3.5kmの位置に所在する相武台団地(相模原市南区)で今後下記の取組みを予定しています。

商店街で開催されている「ひよここども食堂」で活躍中の学生たち

■協定締結の目的

相武台団地では、公社における団地再生のモデルとして、サービス付き高齢者向け住宅「コンチェラート相武台」(H25)の整備を皮切りに、シャッター街化が進行する商店街の活性化プロジェクト「グリーンラウンジ・プロジェクト」(H27~ 以下、「GLP」という。)、多世代交流拠点「ユソーレ相武台」(H31)の整備等、各種取組みを行ってまいりました。

しかし、団地内では高齢化率が48%(※1)と住民の高齢化が進行しており、地域活力・コミュニティ低下等の課題があります。

そこで、大学が有する人間社会学等の専門知識を活用し、団地内にある商店街等との地域連携や、学生が実際に団地に居住することで地域コミュニティの活性化を目指しま……(中略)…… er" target="_blank">http://www.sagami-wu.ac.jp )

記事の全文を見る⇒(@Press)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース