男性が「妻にしたい」女性の特徴

男性がつきあいたいだけでなく、結婚したいとまで思う女性には、どんな要素があるのでしょうか。それがわかれば、彼にとって「一生離したくない」女性になれるかもしれません。今回は『スゴレン』男性読者の意見を参考に、「『彼女どまりの女性』と『嫁にしたい女性』の違い」を紹介します。

【1】一緒にいて楽しいだけでなく、落ち着ける女性かどうか
「ずっと一緒にいると思うと、大事」(30代男性)など、気を抜きたいオフタイムをともに過ごす以上、女性に安らぎを求める男性は多いようです。仕事で彼がお疲れ気味のときは、「今日はゆっくり過ごそうよ」と、外デートの予定を家デートに切り替えるのもよいかもしれません。

【2】家事が得意で、居心地の良い「巣作り」ができる女性かどうか
「料理がおいしいと、離れられなくなる」(10代男性)など、生活をともにする女性はやはり家事に長けている方が、多くの男性が喜ぶようです。とはいえほかに秀でた長所を持つ女性であれば、「逆にこの人に尽くしたい!」と家事を引き受ける男性が現れるかもしれません。

【3】「自分優先」ではなく、夫を思いやれる女性かどうか
「わがままも可愛いけど、毎日はムリ」(20代男性)など、日々顔を合わせるからこそ、嫁候補の女性には譲りあいの精神が求められるようです。わがままを彼に聞いてもらうことが多いという……(中略)…… 」の違いがあれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(水谷ともゑ)

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース