生理前の不調に悩まされる「妊活女性」の現状 PMS・PMDDの治療と妊活は両立できるのか? | 健康 | 東洋経済オンライン

PMS・PMDDの治療と妊活は両立できるのか?

次ページ »

2020/02/14 16:00

PMS、PMDDに悩み苦しみながら妊活する女性たちの事例を紹介する(写真:HIME&HINA/PIXTA)

関東在住、26歳の伊倉一実さん(仮名)は、夫と実母との3人暮らし。

夫とは交際中からよくけんかをしており、2018年には大げんかの末に別れ話にまで至ったが、仲直りをして結婚。昨年9月からは夫の希望で妊活をスタートしたが、伊倉さんは生理周期に合わせて、必ずひどい頭痛に悩まされていた……。

バイエル薬品が制作し、婦人科などで配布している冊子(『生理前カラダの調子やココロの状態が揺らぐ方へ PMS 月経前症候群』)によると、約74%の女性が、月経前や月経中に体や心の不調(月経随伴症状)を抱えているという。

月経随伴症状とは、月経前はPMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)、月経中は月経困難症と呼ばれる症状だが、日本ではまだあまり知られていない印象だ。

しかし、ホルモンバランスの変化により、精神状態や体調が変化することに気づき、悩んでいる女性は少なくない。

そこで、実際にPMSやPMDDに苦しむ女性の事例を紹介することで、PMS……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース