灘の酒蔵「白鶴」と、武庫川女子大学で食育を学ぶ学生が、原材料と健康にこだわった新商品「さけうま雑炊」を共同開発。12月10日から発売します。

日本有数の酒造会社「白鶴酒造」(神戸市東灘区)と、武庫川女子大学国際健康開発研究所(兵庫県西宮市)が共同開発した新商品「さけうま雑炊」を12月10日(月)から発売しますので、ご案内いたします。

【商品の概要】                                 

■商品名「さけうま雑炊」

■商品の特長

(1)白鶴酒造と武庫川女子大学で食育を学ぶ学生が共同で、「ヘルシー&バランス」を合言葉に、原材料にこだわり、気軽に楽しめる雑炊。栄養バランスの良い食事を目指す食事法である「まごわやさしい(※)」の7つの和食材を使ったフリーズドライ食品。

(2)白鶴酒造が独自で開発した酒米「白鶴錦」を利用。

(3)発酵食品として注目される「酒粕」を利用。

(4)地産地消の考え。兵庫県産の酒米、灘の酒粕、西宮産の小松菜を利用。

■参考小売価格

 1個 324円(税込)

■発売場所

【白鶴酒造直営店】

  いい白鶴ネットショップ https://www.e-hakutsuru.com

  白鶴酒造資料館 神戸市東灘区住吉南町4-5-5(TEL:078……(中略)…… たけ(きのこ類)、いも」を毎日の食事に取り入れることで、栄養バランスの良い食事をとる食育を目指す食事法。

記事の全文を見る⇒(@Press)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース