渋野日向子がゴルフ界に与えた絶大な経済効果 2019年はまさにシンデレラストーリーだった | スポーツ | 東洋経済オンライン

2019年はまさにシンデレラストーリーだった

次ページ »

2020/02/01 5:55

2019年のゴルフ界は渋野日向子で一色だった。今年の活躍にも注目が集まる(筆者撮影)

新年を迎えても、ゴルフ界の話題は渋野日向子を中心に動いている。シーズンオフも多忙で、各メディアのスポーツ関連表彰式に出席したり、テレビにも年末のNHK紅白歌合戦のゲスト審査委員や、お正月番組にも数多く出演していた。

更に1月14日にサントリーホールディングスが2020年2月より渋野日向子と所属契約を結ぶことを発表した。渋野は記者会見にサントリー所属の宮里藍と共に登場。「憧れていた宮里藍さんと同じサントリー所属になれてうれしい。子供たちの憧れになるように頑張る」と抱負を述べた。

所属契約に宮里藍と登場した渋野日向子(筆者撮影)

また、サントリーが「AIG全英女子オープン」のOfficial Soft-drink Partnerとなり、6月に開催されるサントリーレディスの優勝者、2位のプロ選手が「AIG全英女子オープン」の出場権を獲得できることになった。

渋野の全英女子オープン優勝をきっかけとして、サントリーのゴルフ界への応援姿勢が明確になったといえる。渋野日向子の優勝は日本を代表……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース