気づけば超人気「甲州ワイン」は何がスゴイのか あの「錦織圭」との共通点とは? | ワインの常識10 | 東洋経済オンライン

 日本を代表する「甲州」と錦織選手の共通点とは(イラスト:くぼあやこ)

こんにちは、杉山明日香です。木々の青さも濃くなってきて、初夏を感じるとともに梅雨のじめじめとした日々も始まりました。これからしばらくはキンキンに冷えた白ワインや泡がより楽しい季節です!とはいえ、今年の夏は昨年ほどには暑くなければよいのですが……。

さて、今回の「ワインの常識」のテーマは「甲州」。日本人ならぜひ知って、積極的に楽しんでいただきたい日本ワインの中から甲州というブドウ品種で造られる白ワインをご紹介します。

「日本ワイン」の定義とは

まず、最初にみなさんに知っておいてほしいのは、「日本ワイン」の定義。日本ワインとは、国産ブドウを原料として、日本国内で生産された果実酒のことをいいます。海外産のブドウやジュースを原料として、日本で醸造されたワインは日本ワインとは呼ばず、「国内製造ワイン」と言います。

日本のワイン産地といえば、山梨県の勝沼などが思い浮かぶ方も多いかと思いますが、今や日本では、北は北海道から南は沖縄県まで、ほぼすべての都道府県でワインが造られています。日本におけるブドウ栽培地の北限は北海道名寄、南限は沖縄県恩納村で、緯度の差は約18度。ワインの代表国フランスのワイン産地では、北限であるシャンパーニュと南限のコルス島の緯度の差……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース