残念な文書で「人間関係を破壊する人」の盲点 「書き言葉」は「話し言葉」の3倍強く伝わる | アルファポリス | 東洋経済オンライン

「書き言葉」は「話し言葉」の3倍強く伝わる

次ページ »

2018/11/26 15:00

ちょっとした気遣いで、メールの印象はぐっと良くなる(写真:polkadot/PIXTA)

主にビジネス書作家のデビューを支援するフリーの出版プロデューサーである亀谷敏朗氏による連載「伝わる文章術」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。 「軽い気持ち」で送ったメールで大失敗

長い付き合いの友人が、ある組織のトップに就任したときお祝いのメールに「あなたがトップになるとは意外でした」と書いたことがあります。

意図するところは、出世欲の薄い人だったので巨大組織のトップになったことが意外ということと、強く自己主張しない人もきちんと評価する日本には珍しい質のよい組織ですねということでした。

ところが何年か後に聞いた話では、本人は「けっこう頑張った!」という気持ちでいただけに、見くびられたと感じすこしショックだったそうです。ほんの小さな言葉のすれ違いで、人間関係が壊れることは珍しくありません。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

軽い気持ちで送ったメールが人間関係の悪化を招くという最悪の……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース