死んでいる会社の「勘違い課長」、6大共通NG 「いつも机に」「妥協ばかり」…御社は大丈夫? | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン

「いつも机に」「妥協ばかり」…御社は大丈夫?

次ページ »

2018/11/09 7:50

「死んでいる会社」に限って、課長が「会社で果たすべき役割」を正しく認識していない(写真:マハロ / PIXTA)

経営において本質的に大事なことは、たったひとつ。それは、会社が「生きている」ことである。

『現場力を鍛える』『見える化』など数多くの著作があり、経営コンサルタントとして100社を超える経営に関与してきた遠藤功氏は、「30年間の結論」として、会社や組織は「見た目の数字や業績」より、本質において「生きている」か「死んでいる」かが重要だという。

30年の集大成として『生きている会社、死んでいる会社――「創造的新陳代謝」を生み出す10の基本原則』を上梓した遠藤氏に、「死んでいる会社」の勘違い課長に共通する「6大NG」について解説してもらう。 会社が生き残れるかどうかは「課長」で決まる

30年の長きにわたって、経営コンサルタントという仕事をやってきた。100社以上の会社と濃密なお付き合いをし、ここ10年近くは複数の会社の社外取締役、社外監査役としても経営に関与してきた。

その経験を通して確信して言えることがひとつある。それは「会社は生きていなければならない」ということだ。記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース