武田ウェバー社長「自信満々」に死角はないか シャイアー巨額買収が成立しても残る不安 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン

シャイアー巨額買収が成立しても残る不安

次ページ »

2019/01/09 6:30

1月7日に東京・日本橋のグローバル本社で記者会見した武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長(中央)(撮影:今井康一)

1月8日、日本史上未曾有となる、6兆円の巨額M&Aが正式に成立した。

武田薬品工業による欧州製薬大手シャイアーの買収だ。売上規模でほぼ同格、時価総額では自らを上回る欧州製薬大手を巻き込み、売上高約3.4兆円に達する日本初のメガファーマ(世界製薬大手)がようやく誕生にこぎつけた。

その前日の7日、武田薬品は報道向けとアナリスト向けにそれぞれ会見と説明会を開いた。「8カ月間、素早く動いてきた」。買収を主導したクリストフ・ウェバー社長は満足げな表情を浮かべ、一仕事を成し遂げた後の自信がにじみ出ていた。

平坦ではない買収までの道のり

だが、ここにこぎ着けるまでの道のりは決して平坦ではなかった。買収が表面化したのは2018年の3月下旬。武田薬品側が提示する買収価格や条件に対し、シャイアー社の経営陣は「ノー」を連発。度重なる交渉を経て5月初旬に買収に合意した。

その後も武田薬品創業家の一部や社員OBなどからなる有志の個人株主団体から強烈な買収反対運動が起き、最後の関門……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース