正直困った男性からの告白5選

好きな人からされたらこの上なく幸せな告白。でも時と場合によっては、男性からの告白が悩みの種になってしまうことも……。そこで今回は「正直困った男性からの告白」について女性陣にリサーチしてみました。

女性陣が正直困った男性の告白1. 叫ばれる

「男友達とドライブをしていたんだけれど、突然夕日に向かって『○○(私)が好きだー!』と叫び出した。周りに人もいたし、かなり恥ずかしかったです」(20代/飲食)

▽ ドラマでもよく見かける叫ぶ系の愛の告白。でももし現実にされたら、周囲の目が気になって冷めてしまいそう。それに大声だと勢いで告白している感じがして、あまりうれしくないかも? これなら目を見てしっかり告白されたほうが、彼の真剣さが伝わりますよね。

2. ロマンチックすぎる

「合コンで出会ったばかりなのに、バラの花束を渡されて『付き合ってください』と言われたときは困った。それはプロポーズでやったほうがいいんじゃない?」(30代/販売)

▽ ロマンチックな告白は好きな人からされたらうれしいですが、そうじゃない場合は微妙かも……。NOとは言えない雰囲気が、余計女性陣を困らせてしまいます。こういう甘い告白は、ほぼ両思いのときか、プロポーズのときに利用してほしいものです。

3. 好き「かもしれない」

「ずっと気に……(中略)…… いうときは嘘も方便。「付き合っている人がいるから」と、逃げるのも方法かも。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース