横須賀の海軍カレーが「認知度1位」になるまで 明治時代のレシピを再現し、今年で20周年 | 外食 | 東洋経済オンライン

明治時代のレシピを再現し、今年で20周年

次ページ »

2019/07/13 5:40

「よこすか海軍カレー」の認知度向上に活躍した名物マスターのいるレストラン「ウッドアイランド」(筆者撮影)

カレーで地域活性化をはかる「カレーの街よこすか」事業が、1999年の発足から今年で20周年をむかえた。

この間、横須賀市内の飲食店などで提供する「よこすか海軍カレー」は、2014年の「全国ご当地カレー知名度調査」(カレー総合研究所調べ)で、知名度ナンバーワンに輝いた。また、事業発足以来、毎年開催している「よこすかカレーフェスティバル」の2019年の来場者数は、6万5000人と、過去最高を記録した。

よこすか海軍カレーは、どのようにしてここまで認知度を高めたのだろうか。「カレーの街よこすか」事業に発足時から携わり、現在はカレーの街よこすか事業者部会の副部会長を務める、カレーレストラン「ウッドアイランド」オーナーの島森隆司さんに話をうかがった。

日本海軍のカレーはどのように誕生したか

島森さんが、現在の場所に店をオープンしたのは1980年。当初は、ハンバーグ、オムライス、スパゲティー、カレーなどを提供する洋食店であり、当時のメニューの中に、すでに「海軍のカレー」が存在していたという。……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース