映画「バイス」は社会派なのに笑える異色作だ 「影の大統領」チェイニー副大統領の裏側描く | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン

「影の大統領」チェイニー副大統領の裏側描く

次ページ »

2019/02/26 8:00

映画『バイス』は、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描いた作品だ (東洋経済オンライン読者向け試写会への応募はこちら) ©2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

「これからお話しするのは真実の物語だ。というか、ディック・チェイニーという人は、アメリカの歴史において最も秘密主義なリーダーのひとりなんで、できる限り真実に近づけるようにしたんだ。とにかく、俺たちはベストを尽くしたんだよ」

3月19日(火)に独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

アカデミー賞8部門にノミネートされるなど、世界的に高い評価を受けている映画『バイス』(4月5日全国公開)は、こうした軽やかな文言とともに始まる。2001年から2009年にかけて、ジョージ・W・ブッシュ大統領政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーを描いた映画ということで、重厚な作品を思い浮かべるかもしれない。

しかし、この映画はテーマは社会派だが、中身はコメディーで、笑えるシーンがたくさんある。監督を務めたのはア……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース