日本経済の生産性をめぐる「誤解」を徹底解説 「賃金抑制」も「最低賃金引き上げ」も的外れだ | 国内経済 | 東洋経済オンライン

「賃金抑制」も「最低賃金引き上げ」も的外れだ

次ページ »

2019/07/07 6:00

「生産性」という言葉をめぐる議論が増えている(写真:Rawpixel / PIXTA)

安倍晋三内閣が経済政策パッケージとして「生産性革命」を掲げてから、「生産性」という言葉がメディアにもネット上にもあふれるようになった。しかし、生産性という言葉をめぐって、議論がかみ合っていないと感じることも多いのではないか。

経済産業研究所(RIETI)副所長で『生産性 誤解と真実』の著者である森川正之氏に、生産性をめぐる問題について話を聞いた。

企業収益が増えても生産性は上がらない

――生産性という言葉がよく聞かれるようになりました。その分、言葉の誤用も多く、議論に混乱も見られます。昨年11月に刊行された著書『生産性』は時宜にかなったものでした。

内閣府や経済産業省などの政策担当者や企業経営に携わる方から、生産性について尋ねられることが多くなっていた。そうした中、生産性についての誤解が驚くほど多いことに気づいた。内外の研究成果や最新のデータを踏まえて、生産性について俯瞰するものを書こうと思った。

――代表的な誤解にはどんなものがあるのですか。

まず、生産性の概念の……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース