日本人と仮想通貨の「相性」はどれほどなのか 信用の国における普及の未来を展望 | 投資 | 東洋経済オンライン

信用の国における普及の未来を展望

次ページ »

2019/06/26 6:40

当初は「怪しげな商品だろう」という向きも多かったが、状況は変わってきています(写真:KazuA /PIXTA)

よく日本の技術や製品は「ガラパゴス化している」などと言われて批判されることがありますが、独自のサービスや規格が多いことは間違いありません。

一方、私が日本で驚いたものに「スイカ(Suica)」があります。実は、これも日本が生み出した特殊なサービスの1つです。私は世界各国の決済事情を調査したことがありますが、ここまで便利なIC式交通カードをあまり見たことがありません。

例えば、アメリカのワシントンDCには「SmarTrip(スマートリップ)」というIC式交通カードがありますが、ワシントンDC内の地下鉄や路線バスでの利用に限られています。同じく私の母国フランスにある「Navigo(ナヴィゴ)」というカードは決済機能のない定期券です。利用できるのはパリ市内の地下鉄とバスに限られています。

もちろん探してみれば、香港や韓国でスイカと同様のカードを見つけることはできますが、数えるほどしかありません。スイカのように1枚のカードで大半の鉄道・バス会社の運賃を支払うことができ、なおかつ広範囲な店舗……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース