教育資金はどう貯める?目安とタイプ別の積立の方法

性格やタイプによって教育資金の準備法も違う!

教育費の貯金は先手必勝です!

子どもが誕生したらすぐにスタートし、細く長く、先手必勝で準備するのが教育資金のセオリー。あなたの家ではどんな金融商品で貯めていますか? 実は、性格やタイプによって教育資金の準備法も違ってきます。
  教育資金の目標額と貯める時期 教育資金の準備は、公立中心の進路の場合、最も負担が重くなる、高校卒業後の大学時代の学費をどう補うかで考えます。大学時代の学費も全額準備できればそれにこしたことはありませんが、そうでなくても、奨学金やその時の家計から補うことでなんとか回るくらいの貯蓄はしておきたいものです。

貯蓄目標額や、あるいは理想的な貯め終える時期は進路等によっても異なります。ここでは大まかな目安を整理しておきましょう。

高校までは公立で大学まで通わせたいと希望しているケースや、小中は公立で高校は私立、大学まで行かせたいケース、中学から私立という、3つのケースに大きく分けました。

それぞれの目安額と貯める時期の目安は下のように考え、さらに個別の例で調整して考えるといいでしょう。

●高校まで公立で、大学まで行かせたい
目安額:子ども1人につき 300万~500万円
……(中略)…… はこう貯める!  

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース