政府がコロナウイルス「検査キット」を急ぐワケ 特効薬はないから、調べても意味がない? | コロナウイルスの恐怖 | 東洋経済オンライン

特効薬はないから、調べても意味がない?

次ページ »

2020/02/04 11:00

現状では特効薬がない新型コロナウイルス。写真は2月1日、中国・重慶三峡中心医院の新型コロナウイルスによる肺炎の隔離病室で作業する医療スタッフ(写真:共同通信)

新型コロナウイルス感染症の国内拡大を、国もようやく認め始めたようだ。安倍晋三首相が2月3日の衆院予算委員会で、国立感染症研究所や地方の衛生研究所でしか行われていない検査について、「民間の検査機関でもできる体制の構築に取り組んでいる。簡易検査キットの開発にもすでに着手した」と発言したという。

ただ、冷静に見れば、簡易検査キットが開発されても現状では特効薬がない。陽性と判明しても、特別な治療ができないなら意味がないのでは?と思われるかもしれない。

受診しても感染しているか調べられない

結論から言えば、新型コロナウイルスの簡易検査キットについては、開発と普及を大いに期待したい。

厚生労働省は2月1日、都道府県宛に「帰国者・接触者外来」を開設するよう指示した。担当させられる医師の心中は「確定診断の方法もないのに、なにを診察しろと? 国内で感染者が増えているのに、帰国者と接触者だけ診察して、何の意味があるのだ?」であろう。

記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース