恋人だと思っていたのに…男女関係で互いの「温度差」が招いた悲劇

【編集部からのお知らせ】
「恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

関係における「温度差」が誤解となって修羅場へ

広島カープのモテ男・菊池涼介選手が、結婚前に交際していた女性から8000万円の慰謝料を請求され、3月上旬に調停申し立てをおこなっていたことがわかった。

菊池選手は昨年9月に元CAの女性と“極秘結婚”、近く子どもも生まれるという。交際していた女性との関係を、彼は「軽くつきあえる相手ということで知人に紹介してもらった」と言い、当の女性は「結婚前提だった」と話しているそう。平たく言えば、彼はセフレだと思っており、相手は結婚前提の恋人だったと信じていた、ということか。

一般的にも、関係をどう認識していたかでトラブルが発生することは多々ある。

彼を「セフレ」だと思っていたのに……カナさんの場合

「彼は私に恋人がいることは知っていた。それでもいいからつきあってと言っていたので、私はセフレだという認識しかなかったんですよね」

カナさん(32歳)は、口を尖らせてそう言う。恋人とは結婚を前提に3年ほどつきあっていた。だが……(中略)…… かしいものだ。 <!---->

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース