恋の賞味期限は「運命の人」との間にはない

運命の恋には賞味期限はない

運命の人とは、抱き合うと驚くほど心地いい

恋愛の賞味期限は3年……などといいますよね。でも、運命の人との間には、賞味期限がありません。仮に、もし別れたとしても、嫌いになったからではないはずです。どうしても二人で寄り添っていくことができない事情があったとしても、相手を嫌いになることはありません。そのぐらい深い思いを通じ合わせることができます。

深い愛情で結ばれたカップルの話を聞き、自身も出会えた経験から、筆者は「運命の人」を苦しい状況から救い出してくれる人や、守ってくれる王子様ではなく、次のように過去の記事で定義づけています。
 

心も身体もピッタリ! 互いに深く愛し愛される関係 互いに尊敬し影響し合い視野が広がり精神的に大きく成長できる関係 驚くほどの共通点や共通の価値観を持っている
そんな運命の人への思いは、3年経っても簡単に覚めることがないように感じるのです。もちろん、ずっと気持ちに変化がないわけではありません。喧嘩をすることもありますし、「もう大嫌い!」と思うことだってあります。それでも、恋が始まったころと、変わりない新鮮さを持ち続けることができるのです。【関連記事】

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース