小顔のカギ 印象変える眉メイク

女性の永遠の憧れである小顔ですが、骨格を変えるのは難しいもの。でもメイクを使った錯覚を利用すれば、顔を小さく見せることは可能です。
今回は顔の印象が変わる眉メイクをコスメコンシェルジュである筆者がご紹介します。

眉頭は目頭よりもやや内側に

顔の印象を大きく左右するのは、鼻から眉の距離。この距離が近いほど顔が引き締まって見えるため、眉を描くときは鼻筋と近づけるように意識するのがポイントです。

だからといって、鼻筋から出すように描くとわざとらしい印象に。目頭よりもやや内側から描きはじめると、自然に引き締まった印象になりますよ。

画像の上部は目頭より内側から、下部は外側から描いています。上部のほうが凛々しく見え、引き締まった印象になっていますね。

「眉頭は薄く、眉尻は濃く」輪郭を引き締め

輪郭周辺に影ができると、顔が小さく見えるもの。フェイスラインにシェーディングを入れるのも、輪郭に影を与えるためです。これと同じ発想で、眉にも輪郭に近い部分に濃い色を使うと、輪郭が引き締まって見えます。

眉頭は薄い色のパウダーアイブロウでソフトな印象に。眉尻は濃い色のパウダーアイシャドウやペンシルアイブロウでしっかりと描き、眉頭から眉尻にかけて濃くなるようにグラデーションをつくります。これだけで小顔効果と垢抜け感が生まれ……(中略)…… 粧の基本と正しい順番・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース