専業主婦「徳永有美」がテレビに戻り見えた役割 「戦う=頑張って立ち向かって生きていく」 | 非凡な女たちの華麗なる人生 | 東洋経済オンライン

「戦う=頑張って立ち向かって生きていく」

次ページ »

2019/06/20 17:00

前編に引き続き、テレビ朝日「報道ステーション」のキャスターとして活躍されている徳永有美さんにお話をうかがった(撮影:山内信也)

かつて古舘伊知郎の「報道ステーション」でスポーツコーナーを担当するなど、テレビ朝日アナウンサーとして幅広く活躍した徳永有美、現在43歳。「徳永有美が専業主婦を経て報ステで得た居場所」(2019年6月13日配信)に続く対談後編では、「後悔のない人生なんてない。だから腹を決めて、その時その時にすべてを注いできた結果が今なのかもしれない」との、人生の足し算も引き算も経た徳永の人生観が語られた。(敬称略)

番組ディレクターたちの熱い思いに教えられる

河崎:「けやきヒルズ」(AbemaTV)の時代はお昼の放送ですから、子育てとの両立は比較的可能な時間帯ですね

徳永:「けやきヒルズ」のスタッフは、それこそママさんが多くて。

河崎:そうなのですね。今の番組(テレビ朝日系「報道ステーション」)はそれと打って変わって、ほぼ半日違っていますよね。

徳永:そうなんです。でも今の「報道ステーション」のスタッフでもママがいるんですよ。もう私、本当に頭の下がる思いで。自……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース