寂しい…遠距離恋愛の乗り越え方

好きな人に好きなときに会えないのってつらいですよね。とくに遠距離恋愛で物理的に遠い場合は、さびしい気持ちを紛らわせるのも大変です。みんなはどうやって乗り越えているのでしょうか。遠距離恋愛で心が折れそうになったときに思い出してほしいアドバイスをまとめました。

思い切って会いに行くのも悪くない

10年以上前に国際遠距離恋愛をしていた筆者の友人によれば、「あのとき、LINEがあったら私たちは別れていなかったかも」と思うことがあるそうです。
skypeは以前からありましたが、LINEのように気軽にパッと24時間相手の時間を気にせずに送れ、スタンプでさびしい気持ちを伝えられるようなツールが登場したのは、わりとここ最近のことですよね。
とはいえLINEやskypeなどでビデオ通話を毎日していても、「直接抱きしめてほしい」という思いは満たされません。なので、「この月に会いに行く」と決めておくのも有効です。いつ会えるか分かっているのといないのとでは気持ちの安定感が違いますからね。

忙しさの違いは気持ちのズレのもと

遠距離恋愛になったきっかけが、もともとお互い遠くに住んでいる場合は別として、片方の転勤や進学など環境の変化で離れ離れになったケースもあるでしょう。
その場合、新しい環境に慣れるのが必死な方と今までと同じ環……(中略)…… 、彼を信じること。付き合い始めた頃の気持ちを忘れないようにしてくださいね。

記事の全文を見る⇒(ライブドアニュース)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース