安藤サクラ「NHKの伝統さえ破る」底知れぬ実力 やさぐれ女優が「国民的女優」になれた理由 | テレビ | 東洋経済オンライン

やさぐれ女優が「国民的女優」になれた理由

次ページ »

2019/03/11 11:00

さまざまな「女」を演じてきた、安藤サクラの「やさぐれ」の魅力について語る(写真:Emma McIntyre/getty)

「萬平さん!」「萬平さん……」「萬平さん♡」

ヒロインが愛する夫の名を連呼しまくる朝ドラ「まんぷく」(NHK総合)。初めは違和感を覚えていたものの、もうすっかり慣れた。安藤サクラ演じる福子は、夫の才能を信じ、精神的にも経済的にも支えて、身を粉にして尽くす優秀な妻である。そもそも彼女がこの手の「昔気質な滅私の女」を演じることに疑問を抱いていた。

奥田瑛二と安藤和津の娘として、かなり恵まれた芸能界人生を歩き始めたサクラ。映画に多く出演し、主演作も多数ある。期待されてきたのは、脱ぎっぷりのよさと心の闇。あるいは底辺と狂気の二刀流。新興宗教や反社会勢力が似合うただずまいでもある。小綺麗に着飾ってお膳立てされた舞台ではなく、いかにやさぐれるか、いかに背負わされるかを主戦場にしてきた強みがある。

だから、朝の顔になって、「ああ、私の好きなやさぐれサクラが封印されてしまうのか」とまで思っていたのだ。

「容貌を武器にしない」独自路線

女優界には「容貌重視の着せ替え……(中略)…… l">記事の全文を見る⇒(東洋経済オンライン)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース