学資保険・こども保険と貯蓄って何が違うの?

学資保険・こども保険は貯蓄の一部と位置づけられますが、貯蓄と同じと考えていいのでしょうか? 違うとしたら、どこが違うのでしょう? 
  学資保険・こども保険ってどんなもの?

学資保険・こども保険って知ってる?

そもそも学資保険・こども保険は、教育費がたくさんかかる時期に備えるための貯蓄型の保険です。保険料を支払うことで実質的に積立てられ、満期などで戻る「満期金」を教育費に充てることができます。満期は商品によって、15歳、17歳、18歳、20歳、22歳などがあります。

商品によっては、入学の時期に合わせて、「祝い金」が出るタイプもあり、やはり教育費に充てることができます。なお、契約者である親に万一のときには払い込みが免除になり、その後のお祝い金や満期保険金が予定通り受け取れるのも、学資保険・こども保険の特徴です。商品は貯蓄を重視した貯蓄型と、死亡後に毎年、年金のように育英資金が出る保障型とがあります。保障型を選択すべき人は、契約者である親の死亡保障が不足していて、それを学資保険・こども保険でカバーしたい人のみです。

保障が増えればコストも増えるので、親自身の保険が間に合っている場合には、貯蓄型を選択したいものです。

学資保険・こども保険も「貯蓄」の一種 学資保険・こども保険は貯蓄と捉えてよいかと聞かれたら、貯蓄……(中略)…… 金の貯め方は?  

記事の全文を見る⇒(All About)



恋婚レシピおすすめ

関連ニュース